Twitterブロック一括解除ツール※ブロック一覧出力機能付き

自動化
1,100
(税込)
ご購入には会員登録が必要です。
販売数:
0
0
0
最終更新日:
2022/11/07
DETAIL

概要

Twitterを利用していると、時にブロック解除が必要になるタイミングがありますよね。

ブロックしているアカウントのうち、2〜3程度の少数のブロック解除であれば、Twitter上でブロック解除をすることは簡単にできます。

しかし、大量な数のブロック解除をする場合、手間がかかります。これは、Twitterには標準機能としてブロック一括解除機能が搭載されていないためです。

そこで、今回はTwitterでブロックを一括で解除操作できるツールを開発しました!

まず、本ツールではご自身のアカウントがブロックしているユーザー一覧をGoogleスプレッドシートに出力することができます。

出力したブロックリストの中からブロックを一括解除したいユーザーを指定し、一括でブロック解除をすることができます。

入力とクリック操作で利用することができるため、プログラミングなどの難しい知識は必要ありません。Excelやスプレッドシートを少しでもご利用されたご経験のある方であれば、簡単にご利用いただくことができます。

本ツールはTwitter APIを利用して一括でブロックを解除する操作をするツールです。

TwitterAPIを利用するための設定方法も画像付きでご案内するマニュアルを用意しておりますので、初めてTwitterAPIを利用される方でもご安心下さい。

ブロック解除を効率化したい方にオススメのツールです。

GASラボのTwitter自動化ツール

GASラボではTwitterの自動化ツールを多数ご用意しております。こちらも是非併せてご覧ください。

Twitterブロック一括解除ツールの3つのPOINT

  • POINT1:ご自身のアカウントがブロックしているユーザー一覧を出力可能!
    • 本ツールでは、現在ご自身のアカウントがブロックしているユーザー一覧を簡単にGoogleスプレッドシートへ出力することができます。
    • ブロックしているユーザー一覧にはユーザー名などはもちろんのこと、URL、フォロー数、フォロワー数、プロフィール文章なども出力されます。
  • POINT2:一括ブロック解除したいユーザーは指定して解除可能!
    • 本ツールでは、一括ブロック解除したいユーザーを指定することが可能です。
    • ブロックユーザー一覧からブロック解除したいユーザーのみを指定することができます。
  • POINT3:画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!
    • 本ツールはTwitterAPIを利用して情報を取得・操作しております。
    • TwitterAPIの設定方法については、画像付きの設定マニュアルがありますので、そちらをご参照いただきながら進めていただければ、スムーズにセッティングを進めることができます。

Twitterブロック一括解除ツールのご利用イメージ

今回開発したTwitterブロック一括解除ツールのご利用イメージを画像付きで紹介いたします。

念の為詳しい操作方法については下記のマニュアルにもまとめておりますので、併せてご覧ください。

1:本ツール(Googleスプレッドシート形式)をコピー

https://assets.st-note.com/img/1667452932346-LIkCEIKGGk.png?width=800

本ツールは自動化プログラムが組み込まれたGoogleスプレッドシート形式のツールとして、閲覧権限に限定されて提供されます。自動化プログラムを利用可能な状態にするため、本ツール(Googleスプレッドシート)をコピーしてご利用開始してください。

2:TwitterAPIの利用に必要な設定・手続きを進める

https://assets.st-note.com/img/1667452955557-paaOY63VBN.png?width=800

本ツールではTwitterAPIを利用してブロック一覧リストの自動取得やブロック一括解除操作をしています。

TwitterAPIの利用に必要な情報(API KeyおよびAPI Key Secret)を設定・取得し、本ツールの「設定シート」に貼り付けます。その後、クリック操作で認証手続きを進めていきます。

※参考:TwitterAPIの利用に必要な情報の取得方法については下記の記事をご確認ください

3:メニューより「ブロック一覧出力」をクリック

https://assets.st-note.com/img/1667453054120-qEv6fje3xZ.png?width=800

次に本ツールの独自のメニューから「ブロック一覧出力」をクリックし、現時点でブロック一覧情報を「ブロック一覧」シートに出力します。

4:出力したリストからブロック解除したいユーザーを選択

https://assets.st-note.com/img/1667453190243-wvFz1Lw8X3.png?width=800

ブロック一覧シートに出力したブロック中のユーザーリストから、ブロック解除するユーザーを「ブロック解除対象」として指定します。

5:メニューより「ブロック一括解除」をクリック

https://assets.st-note.com/img/1667453173031-bzJaXacGrB.png?width=800

最後に本ツールの独自のメニューから「ブロック一括解除」をクリックして、一括解除を実行します。

ご利用上の注意点

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、Twitterアカウントが必要になります。
  • 本ツールはTwitterAPIを使用して情報を取得しております。場合によっては、一時的に情報が取得できない場合や、情報の取得が失敗するケースもございます。予めご了承ください。
  • TwitterAPIを利用するためには、下記の3つの条件をクリアする必要があります。
    • 1:公開されているアカウントである
    • 2:メールアドレスがアカウントに登録されている
    • 3:電話番号がアカウントに登録されている
  • 本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。
  • 短期間でブロック解除操作をした場合、アカウントの凍結リスクもゼロではありません。リスクをご承知の上、ご利用ください。
  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・配布やソースコードのコピーは禁止しております。
  • 本ツールはAPIの仕様変更に伴ったアップデートは現時点では予定しておりません。
  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。あらかじめご了承ください。
  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。
  • その他注意点については、操作マニュアルをご確認ください。
このGASをご購入いただくには
会員登録が必要です。

評価・コメント

まだ、レビューが存在しません