カレンダー勤怠管理ツール

自動化
1,100
(税込)
ご購入には会員登録が必要です。
販売数:
0
0
0
最終更新日:
2022/03/17
DETAIL

概要

このカレンダー勤怠管理ツールには二つの機能があります。一つは 「スプレッドシートに記載した予定をGoogleカレンダーに一律のイベント名で入力する機能」 、もう一つは逆に 「Googleカレンダー上における指定した名前のイベント群の、指定した年月における合計時間をスプレッドシートへ記載する機能」 です。Googleカレンダーで勤怠・稼働(その他活動)時間の管理をしている方、月毎にその記録を振り返りたい方に向いています。

機能詳細

以下の①と②を合わせて使うことで、Googleカレンダーベースでの月毎の勤怠時間管理が正確かつ手軽に行えます。

①カレンダー勤怠入力

スプレッドシートの「カレンダー勤怠入力」シートに記載したスケジュール(日時・及び開始/終了時間)を、一律のイベント名でカレンダーに一括入力します。CSV形式などでリスト化されているシフトや稼働のスケジュールをGoogleカレンダーに一気に反映させたい方に便利です。

②カレンダー勤怠取得

指定した年月における、指定したイベント名を持つGoogleカレンダー上のイベント群の合計時間を取得します。またそれはツールを起動した時点までの分が日毎に取得・集計され、「カレンダー勤怠取得」シートに記録されます(未来の予定は取得されません)。取得したいイベントは「取得イベント名」の項目で自由に幾つでも指定できます。カレンダーに記載された勤怠・活動の月毎の合計時間、及びその日毎の波などを正確に把握・管理したい方に便利です。

こだわり

スプレッドシート上のスケジュールやカレンダー上のイベント記録にミスがある場合、その箇所がぱっと見で分かるようにしています。
○カレンダー勤怠入力では開始・終了時間の片方が欠けている、あるいは日付が記載されていないなどのミスがある箇所はその箇所には"済"がつかない。
○カレンダー勤怠取得ではイベント同士に時間帯の重複がある場合、その日付にその重複数が表示される。
○その他日付や数値入力における不備も細かくエラーメッセージで告知。

このGASをご購入いただくには
会員登録が必要です。

評価・コメント

まだ、レビューが存在しません